October 20, 2018

大雄院襖絵プロジェクトの原点、明治宮殿の千種の間綴れ織天井下図。

天井画そのものは戦火で消失しましたが、柴田是真直筆の下絵は東京藝術大学に所蔵されています。

東京藝大では昨年の夏ごろより、「焼失した皇居・明治宮殿の天井画 柴田是真の作品を修復したい!」というタイトルで、修復のための費用をクラウドファンディングで募集しておられました。

無事に目標額を達成され(大雄院も微力ながら支援させていただきました)今回はその完成披露の展覧会でした。

ご招待いただいたものの、寺務、拝観準備、行事、出頭などめくるめく忙しさで期間中に伺うのは無理かもしれない…しかし、どうしても見たい!そんな気持ちでいた中、予定の変更によりぽっかり空いた二日間。この機を逃してなるものかと、すぐに宿の手配をし、藝大美術館へ便りを書かせていただきました。

そして無事に東京藝大美術館に於いて、今回展示されている是真の花の丸図51面を拝見するに至ったのです。この花の丸図は全部で112面あり全てが東京藝大にありますが、一度にこんなに多くの数を見ることができるのは今回...

February 13, 2018

この4月には、大雄院襖絵プロジェクトの第1期8面の襖絵が完成する予定です。

現在、完成披露の春の特別拝観に向け、準備を進めております。

先日は、特別拝観用フライヤーデザインの打合せでした。

安川先生の襖絵をご覧になったデザイナーさんが、花の丸のパワーがすごい!

と絶賛して頂き、花の丸を大胆に配したデザインで、私どもが描いたイメージ通りのものになりそうです。

まだ検討段階のためお見せできませんが、とても素敵です。

このフライヤーを見かけた方が、少しでも興味を持たれて、大雄院に来て頂き、襖絵をみて、感動して頂けたら。

その景色を心に残す、初めのきっかけとなりますように。

思いを込めて制作しております。

大雄院襖絵プロジェクト

daiouin.com

February 7, 2018

わたしが是真の作品と出会ったのは、芸大で漆芸を学んでいた友人の「とんでもない才能がいる」の言葉と、一緒に見せられた展示のフライヤーに載っていた作品のデザインがあまりにかっこよくて、この人の作ったものをもっと見たい!という思いに駆られて出掛けた、相国寺の承天閣美術館でした。

そこで是真の作品を見たときの衝撃は忘れられません。

軽妙洒脱とはよく言ったもので、モダンなデザインと、様々な質感の取り合わせと、洒落ていて楽しくて、豪華で大胆で、繊細。

是真の感性が羽ばたいている、あれもしたいこれもしたい、こんな表現はどうだろう、この組み合わせは美しいだろう、そんなとめどなく湧き出る創造のエネルギー。

それをバシバシと感じてしまうのです。

何よりも感動、いや感激さえしてしまうのは、その頭の中に思いついてしまう様々なイメージを、完全に形ある表現として作品にする是真の技術力です。

月明かりの夜、ススキの葉の上に、蟋蟀がそっと乗っている。

秋虫の鳴き声が聞こえてきそうな美しい幻想的な夜の様子です。

その蟋蟀がなんとも生きているような、そんな蟋蟀...

January 31, 2018

大雄院襖絵プロジェクトの第1次ご寄付募集を間も無く締め切らせていただくこととなりました。

第1次募集期間は平成30年2月28日までとさせて頂き、4月にございます第1期襖絵完成披露内覧会へのご招待は第1次募集にてご寄付をお受けした方々が対象となります。

第1次寄付募集の締め切りに伴い、記念御朱印「拈華」の頒布も終了となります。

第2次のご寄付募集は平成30年4月1日からとなりますので、追って詳細をお知らせさせて頂きます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

大雄院襖絵プロジェクト

daiouin.com

Please reload

Recent Posts

October 20, 2018

February 13, 2018

February 7, 2018

December 14, 2017

Please reload

Catagories
Please reload

Tags
Please reload

臨済宗大本山妙心寺 大雄院 だいおういん

京都府京都市右京区花園妙心寺町52

Tel :075-463-6538

Fax:075-463-6551

  • ツイッター - ホワイト丸
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

©2016 by daiouin-temple.