秋の拝観a4フライヤー入稿表.jpg
秋の拝観a4フライヤー入稿.jpg

妙心寺 大雄院 の特別拝観

 期間 平成30年11月9日(金)〜11月24日(土)

 

○時間  午前10時〜午後4時

○拝観料 600円


​※特別拝観は予約不要です

11月中は体験、御朱印日はございません。
 

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

特別拝観期間 限定御朱印

達磨図「不識」

墨書き(見開き) 1,000円

※住職不在時は書置き

​不在日【12(月),14(水),15(木),19(月),21(水)午後,22(木)】

IMG_20180926_0001.jpg

不識(ふしき)/禅語

梁の武帝に「無功徳」と答えた達磨大師

武帝はさらに尋ねる「では、あなたは誰?悟りを得た立派で高貴な人ではないのか?」

達磨の答えは「不識」識らず、そんな事は知らんと言うのです。

達磨は確かに、香至国の王子でありながら出家しその中で悟りの道を得た大人物です。

だからこそ武帝の元へお呼びがかかったわけですが、達磨は自分の身分も、悟ったと言う自意識さえも捨ててしまった。自分が何者であるか、そんなことにはとらわれていない様子を伝える逸話です。

人は皆、他人の評価を通して自分の価値を決めてしまうことがあります。しかし、そうして得られる自分の姿は本当の自分でしょうか。立場、身分、思い込みや自負、そう言うものは常に自分とともにあるのだけれども、そこには囚われず、執着を捨てて生きていく、さすればすでにある幸せをあるがままに感じる境地へと近づくのです。

※今回特別拝観で授与いたしますのは、達磨朱印のみです。

わらべ観音・わらべ地蔵の授与はございませんのでご了承ください。

お参り多数となりました場合、一日のうちに書ける数量に限度がございますので、後日郵送(ゆうパケット送料350円)をお願いする場合がございます。

大雄院 襖絵プロジェクト記念御朱印帳 -夏冬- 119日より頒布いたします。

大雄院襖絵​プロジェクト記念御朱印帳「春秋」に続きまして「夏冬」図案を配した御朱印帳です。

​鳥の子紙使用。1頁目に「」御朱印入り。(※の墨書き授与はございません。ご了承ください)

​御朱印帳頒布は期間限定ではございませんが、上記「達磨朱印入り」での授与は特別拝観期間のみとなります。

宮絵師 安川如風謹画 大雄院襖絵「 夏の面 蓮花と杜若 冬の面 水仙と山茶花

​ 御朱印一面入り(未定)           

 御朱印一面、達磨朱印(見開き)入り

2,000

00.jpg
02.jpg

2,800

IMG_0023.JPG